HOME企業情報企業の展望

 

 木下製網株式会社は昭和8年製網所として漁網の造販売を核に創業いたしました。創業以来、漁業・農業など「食」に携わる産業への資材製造販売を中心に展開し、特に漁業においては製造現場とお客様との信頼関係を最重要視する社風にて、国内外に幅広く、より深くNETWORKを築いてまいりました。また、同時に固有の技術が活かされるよう、土木建設・生活資材など「住」に携わる商品開発にも力を入れてまいりました。
 製造業として社会から求められるために、高品質の維持はもちろんのこと、独自の生産システムを常に進化させ、最新技術の習得と活用に最大限の努力を重ねる毎日です。そして、日本の製造業として認められ、お客様のお役に立てることが私達の喜びです。
 世界各国でその年代により様々な主力産業が生まれ発展し、また衰退していくものもあります。しかし、冒頭に述べましたように、経済活動を営む人類にとって「食」と「住」は最も大切なテーマであり、同時に私達にとって「進化する製造業」も大切なテーマです。これらのテーマを基本において、将来に向けた取り組みを積極的に展開する企業であり続けたいと考えております。


日本語ページへ英語ページへスペイン語ページへ